沼津のエステサロン「アロマデキラリ」 > お知らせ > ブログ > アーユルヴェーダ > アーユルヴェーダの3つのタイプ(ドーシャ)とは?

アーユルヴェーダの3つのタイプ(ドーシャ)とは?

2020年10月18日

カテゴリ
タグ

宇宙や生物、全てのものは五大元素『空』『風』『火』『水』『土』から構成されています。
それらのエネルギーを『ドーシャ』と呼ばれています。
『ドーシャ』は『不純なもの』
という意味もあり、身体に現れる現象や症状に関わりがあります。
アーユルヴェーダでは、この『ドーシャ』のバランスを重要視していて、バランスを保つことで、健康・若さ・長寿に導きます。

ドーシャ 3つの体質

「ヴァータ(空・風)・ピッタ(火・水)・カパ(水・土)」の3つドーシャです。



この3つのドーシャのバランスは、年齢、季節、心身の状態、環境などからも変化されます。

それぞれの特徴
【ヴァータ】軽い、活動的、ドライ、冷たい
【ピッタ】軽い、粗い、ドライ、熱い
【カパ】重い、柔らかい、オイリー、鈍い

自分の体質をチェックしたい!

インドやスリランカでは、アーユルヴェーダは医師のみが行えます。
アーユルヴェーダの医師が視診、触診、問診、聴診を行いながらドーシャを判断します。
日本では、チェックシートを使ったり、視診、脈診で判断することもあります。


アロマデキラリでは、ご自身でチェックシートを記入していただき、チェックシートを元に、視診や脈診も行います。
医師ではないので、『診察』はできない為、カウンセリングという形で行います。

アロマデキラリのすべてのアーユルヴェーダメニューで、毎回『ドーシャ』の確認を行います。
ぜひご自身のタイプを確認して、日々の生活に役立ててみてくださいね!


ご予約・お問い合わせはこちら

055-941-8330

営業時間 : 10:00~19:00(最終受付)/10:00~13:00(日曜日)
※当日予約が終了次第CLOSEします。